人生の鍵




「目標は、自分が持っている概念や考えをはっきりとわかりやすく伝えることができ、他の人たちの考えや概念を理解できるように、人を単語や言語の使い方と構造に熟練させることである。」
 
L.ロン ハバード





L.ロン ハバードの「勉強の技術」がどれほど劇的な啓示であろうと、「人生への鍵」コースに触れることなしには、彼の教育分野での貢献の全貌を語ったことにはなりません。このコースの背景を見れば、ハバード氏のさまざまな問題に対する取り組み方と、1960年代と1970年代を通してさらに深刻になった教育の衰退というふたつの点がわかります。

彼が的確に指摘したように、今世紀後半の数十年にわたる3つの文化的な要因が合わさって、私たちのコミュニケーション能力はひどく衰えました。まず第一に、新しいシステムが、読み書き、文法といった基礎を無視したため、全体的な教育の水準が低下しました。次に、テレビの出現、さらにはっきり言うと、テレビの前に子供を放り出して、絶え間なく流れる映像を子守のヒモやベビーシッター代わりにする母親たちの出現に伴って、その衰退に拍車がかかりました。最後に、そして特に1960年代を通してテレビ世代の思考をさらに鈍らせる薬物という災いが起こりました。その結果、どの世代の人々も、情報を理解または伝達することがもはやできなくなりました。さらに ― そしてここに、ハバード氏のその問題への糸口があるのですが ― 60年代、70年代の生徒たちは、それ以前は彼の教育の手段を有効に利用することができませんでした。なぜなら、彼らは、単に大事な説明を把握するのに必要な言葉を定義づけできなかったからです。ですからハバード氏が、このような生徒たちを「人生とコミュニケーションをとっていない」と呼び始めたのは無理のないことでした。





前へ L.ロン ハバードホームページ 次へ

| サイエントロジー関連サイト | 書店 | L.ロン ハバード プロフィールのホームページ | コンタクト | L.ロン ハバードの生涯の展示館 |