音楽制作者



「歌は時代を通して音をとどろかせる。それはさびれることがない。それを磨き、整備し、油をさし、棚に乗せたり金庫にしまう必要もない。歌は偶然にも、かつて発明されたどのような光線銃よりも、はるかに強力なのである。」
 
L.ロン ハバード



ハバード氏は、厳密な意味では自分が本職の音楽家であるとは少しも思っていませんでしたが、彼の音楽上の功績は決して些細なものではありませんでした。1930年代、ラジオ番組のバラード歌手であった彼は、後にアーサー・ゴッドフリー(有名なラジオ・テレビ歌手)が務めることになった連続番組の枠を受け持ったことがあり、その後も生涯を通じて作曲と演奏を続けました。

1970年代に、彼はいくつかの演奏グループの組織化、訓練、オーケストラ編成を行っており、この仕事から数多くの重要な観察が生まれています。それには、カントリー&ウエスタン、フラメンコ、東洋の伝統音楽、そしてロック(まさしく彼が言った通り、ますます原始的になっていく音楽)にまで及ぶ分析が含まれています。この時期を通しての彼自身の音楽作品の中で有名なものには、モダン・ジャズとレゲエとカリプソの融合という革新的なものだけでなく、伝統的なスペイン形式と東洋形式を現代風にしたものもあります。また、彼が名付けた「釣り合った音の法則」の説明も非常に革新的なものでした。そこでは、楽器による相殺 ― ひとつの楽器の音が、その音の大きさに関係なく別の楽器の音を「消してしまう」こと−という長年のやっかいな問題を克服するために、わずかに音質の異なる似通った楽器を使うと書かれています。専門家たちがさまざまな矯正方法を考え出してきましたが、その問題を分析し、解決策を定めたのは、ハバード氏が事実上初めてでした。



前へ L.ロン ハバードホームページ 次へ

| サイエントロジー関連サイト | 書店 | L.ロン ハバード プロフィールのホームページ | コンタクト | L.ロン ハバードの生涯の展示館 |