哲学者



「私自身の哲学の第一の原則は、知識というものはそれに到達したいと願うすべての人のためにある、ということだ。それは平民にも王様にも同様に役立ち、決して畏怖の念をもって見なされるべきではない。」

L.ロン ハバード


L.ロン ハバードは次のように書きました。「私自身の哲学の第一の原則は、知識というものはそれに到達したいと願うすべての人のためにある、ということだ。」「それは平民にも王様にも同様に役立ち、決して畏怖の念をもって見なされるべきではない。」彼は、哲学は適用できなくてはならないという点をこれに加えています。なぜなら、「カビの生えた本の中に埋もれて学んでも、ほとんど誰の役にも立たない。したがってそれが適用できないかぎり、価値はない。」彼は最終的に、哲学的知識というものは真実かつ効果をもたらして初めて価値があると宣言しました。これによって、ダイアネティックスとサイエントロジーの特質が打ち立てられました。




前へ L.ロン ハバードホームページ 次へ

| サイエントロジー関連サイト | 書店 | L.ロン ハバード プロフィールのホームページ | コンタクト | L.ロン ハバードの生涯の展示館 |