写真家




「生命は光だ。あなたは、したいことを何でも光にさせることができる。写真撮影とは、『光で書くこと』だ。」
 
L.ロン ハバード


写真とは、L.ロン ハバードが好んで指摘したように「光で書くこと」です。彼の写真が、どのように物を伝えているかということを考えると、これはまさに彼の作品を表現するのにふさわしい言葉です。

青年時代を通してカメラを学ぶ、鋭敏な生徒であった彼の事実上の経歴は、1920年代の終わりに中国を旅する道中で撮った、名高い一連の習作で始まります。その作品は立派にプロのものであり、ついには「ナショナル・ジオグラフィック」誌に掲載され広く出回ることとなりました。米国に戻った彼は、地方新聞の写真ジャーナリストと、いくつかの全国誌のフリー写真ジャーナリストとして、掛け持ちで写真家としての仕事を続けました。後者としての作品の中で最も有名なものは、航空ファン向けの雑誌「スポーツマン・パイロット」誌用に撮った作品でした。



前へ L.ロン ハバードホームページ 次へ

| サイエントロジー関連サイト | 書店 | L.ロン ハバード プロフィールのホームページ | コンタクト | L.ロン ハバードの生涯の展示館 |